年々上がる学費

シンンガポールのインターナショナルスクールの学費、高いというイメージがありますか?

実際どれだけかかるのでしょう。親子留学では一番気になるところです。

こちらのサイトで詳しく紹介されています「What it really costs to send your kids to international school in Singapore」

内容をまとめると、28校のインターナショナルスクールにおいて

  1. 学費を含む総費用は、$17,000〜$47,000($1=81円換算で、138万円〜380万円)と幅がある
  2. 総費用の平均は、$32,900(266万円)
  3. スクールランチ代は、年間、$900 ~$1,800(72,900円〜145,800円)
  4. 通学バス代、$1,000〜$6,100(81,000円〜494,100円)最近は学校が郊外に移転するケースが多く、バス代も上昇
  5. ESL費用、学期ごとにかかる。ここに記載はないが、だいたい$1,000〜$2,500(81,000円〜202,500円)あたりが相場

その他、制服代(こちらは一年中暑いので、ポロシャツや短パンのため、今日本で話題になっているような高額制服ではない)や

キャンプ代(多くは、近隣の国へ飛行機で行く)として、$1,000〜$3,000(81,000円〜243,000円)ほどかかります。

しかも、学費はお約束のように年々値上がりし、郊外への移転や、設備のリニューアルなどがあると、当然値上がりします。

年間どれくらいかかる心づもりでいたらいいか

上記で述べたように、だいたい年間250万円前後かかると思っていた方がいいでしょう。

高いですか?高いですよね! シンガポールのインターナショナルスクールの学費は、世界の中でも相当高いレベルだと思います。

シンガポーリアンはほとんどローカル校に行きますから、インターナショナルスクールに行くのはほとんど外国人です。

その外国人のほとんどは、シンガポールに駐在で来ている人々なので、相対的に学費が高めに設定されています。

会社からの補助がない、私たちのような親子留学組には、なんとも厳しい現実ではあります。

しかし最近では、駐在でも学費を補助しないところも増えてきたため、学費の安さを売りにしているインターナショナルスクールも登場してきています。

日本企業も、一昔前は、学費補助、車貸与、家賃補助など、随分と補助があったようですが、今はそこまでのサポートがないところも多いようです。

インターナショナルスクールは学費が高い。一方、学費が安く、教育水準の高いローカル校は、外国人の場合ほぼ入れるチャンスはない。

だからと言って、シンガポール親子留学を諦めるわけには行きません!こんな解決策はどうでしょうか。

  1. 期間を決めて(短期〜1年など)、短期決戦で留学する
  2. 最初は、多少学費が高くても、ESLサポートのあるインターナショナルスクールに入れて、学校に慣れてきたら転校を考える
  3. 外国人を受け入れているローカルインターナショナルスクールを検討する
  4. 学費は安いが、教育水準の高いインドインターナショナルスクールも視野に入れる
  5. 1年たったら、仕事を探す(保護者ビザは、1年たったら就労できる)
  6. シンガポールでWeb起業をする

などなど、方法はまだまだたくさんあります。「学費が高い、我が家はムリムリ!」と最初から諦めてしまう前に

短期でもいいから、まず海外へ出てみる、その第一歩としてシンガポールは最適な場所です。