なかなかお目にかかれない日本では標準装備のウォシュレット

シンガポールに来て、まずみなさんがおっしゃるのが「トイレ事情」。

いやいや、シンガポールのトイレはとても綺麗で、ショッピングモールや、駅のトイレでさえ十分掃除が行き届いています。

しかし、日本で今やどこでも標準装備の「ウォシュレット」にお目にかかることはほぼありませんので、

私たちもシンガポールに来た当初は、なんだかすっきりしない気分でありました。

やはり、今まで日常的に使っていたものがなくなると、人間不便を覚えるもので、トイレットペーパーの使用量が増えます。

しかも、こちらのトイレットペーパーはダブルならぬトリプルだったりして、あっという間に1ロールなくなってしまうのです。

ウォシュレットがない代わりに、こちらでは主にムスリムの方のため、シャワーがついているところがあります。

ウォシュレットのように便器内に設置されているのではなく、壁からホースが出ていて、手動で洗浄します。

入ると、床が水浸しということもしばしばあるタイプです。

また、和式トイレのようなタイプもありますが、日本と同じ使い方でいいのかわからず、みなさん敬遠されている様子です。

ウォシュレットが恋しいのは、海外では皆そうですが、これだけ日本食レストランやスーパーなどがあり、

日本と変わらない生活ができるシンガポールにおいて、なぜに普及していないのでしょう。

見つけた!感動の再会

先日、日本食レストランがまとまって出店している、ジャパン・フード・タウンに行きました。Japan Food Town

焼肉、海鮮、とんかつ、そば、などなど、日本の味が集結している場所です。

以前からなんども訪れているのですが、先日そこのフロアのトイレで、恋しい「ウォシュレット」に再会したのであります。

シンガポールに来て1年半、今まで一度もめぐりあえなかったウォシュレットがここに!

さすが、Japan Food Townだ!と感心いたしました。←日本人の方の間では常識かもしれませんが、、、、知りませんでした。

娘の学校のトイレは、もちろんウォシュレットなんてありません。どちらかというとあまり利用したくない佇まい。

日本人のお子さんが、トイレ事情が日本と異なり、学校でトイレに行けない、という話を聞いたことがあります。

郷に入っては郷に従う、今ではウォシュレットなし生活にすっかり慣れ親しんだ私達ですが、時々出会うと、やはり、いいですね。