シンガポールのビジネスシーンで生き抜くための言語

最近、Macと家のWifiの調子がすこぶる悪く、ブログが滞っております。しかしながら、なぜかお問い合わせはいつも通りいただいておりまして、ちょっと複雑な気持ちであります。

さて、シンガポールを足がかりにして世界中どこでも暮らせるように、何歳からでもスタートできる海外生活!を実践しておりますが、

シンガポールで働く(特にローカル企業)場合に必要な言語について、最近つくづく思ったことがありまして、今回はそれについて書きたいと思います。

シンガポールの公用語は4つ

シンガポールの公用語は、英語、中国語、マレー語、タミル語の4つです。地下鉄の案内表示は4ヶ国語ですし、街で、職場で、これら4つの言語を耳にします。

そして、公用語の4言語は、まったく自然に会話の中でまぜこぜに使われています。中国語の中に英語、マレー語、タミル語が混ざって話されている感じです。

最近、ローカル企業で働き始めて思ったことは、「シンガポールでは英語がビジネス言語の中心ではない。」ということでした。

シンガポールのビジネスシーンでは英語が主流、と思っていた私は、まったく裏切られました。

これは、もちろん私の職場での感想です。業界が違えば、主要言語もまた違ってくるでしょう。

少なくとも私の周りでは、基本中国語がベースで、時々英語、マレー語などが混ざる会話が展開されていきます。タミル語もよく耳にしますが、あまりにも私のタミル語に対する知識がないため、BGMと化しております。

会議等で、別の会社の方と話をするときは、私が一人入ると、中国語でというわけにはいかないので、英語で進めてくださいますが、それでも重要なことは、最終的に中国語で議論されていく場面が多々あります。

シンガポール国立大学卒のエリートの素晴らしいトランスフォーメーション

英語に関しては、私がアメリカで話していたものとは違う、いわゆるシングリッシュで、とにかく短く簡潔でテンポよく、語順が中国語に近い、一文にたくさんの情報が詰まっているものです。

私の職場には、シンガポール国立大学卒の才女がいて、彼女が私と話すときはとても聞き取りやすい英語で話してくれます。

一方、他の部下とはシングリッシュで話すので、その変わりようたるや、まぁ見事なものです。

日本語でいうと、普段は標準語で、地元に帰ると関西弁という感じでしょうか。

そして、私が会話から抜けると、一瞬にして中国語にかわります、彼女の中で中国語と英語は、完璧にインターチェンジャブルな言語なのです。

働き始めた当初、あまりにもシングリッシュが分からず、さすがに落ち込みました。。。

今でもシングリッシュが中国語に聞こえてきたりして、なんども聞き返すことがありますが、最近は中国語に慣れてきて、

中国語の中に時折混ざる英語から、内容を少し把握できるようになってきました。中国語ー日本語のエクスチェンジレッスンも始めています。

英語だけでなく、中国語も身につく、そして、就労のチャンスがあるシンガポール生活は、何歳からでもスタートできる海外生活!にもってこいの場所です。