シンガポールのインターナショナルスクール選びで私が心がけていること

外国人である私たち、親子留学組は、レベルが高いと言われるシンガポールのローカル校に入れる可能性はほぼありません。

そのため、必然的にインターナショナルスクールになるのですが、シンガポールには、それこそ星の数(とは言い過ぎか)のインターナショナルスクールがあります。

子供に楽しく、実のある学校生活を送ってもらうために、インターナショナルスクール選びは、とても大切になります。

今回は、シンガポールのインターナショナルスクール選びについて、私が思っていることをご紹介します。

評判や学費は重要なファクター でもそれだけでは測れない

シンガポールのインターナショナルスクールの学費は、とても高いことで知られています。しかも年々上がっていく!

シンガポールのインターナショナルスクール 実際いくらかかるのか 学費について

シンガポールのインターナショナルスクールも競争にさらされていて、生徒を集めるために、設備を拡充したり、

学費が安いのを売りにしたり、様々なカリキュラムの選択が可能であったり、とプロモーションに必死です。

その中で、自分の子供にあった学校をどのように探せば良いか?

よく、日本のお受験では「ご縁」という言葉を耳にします。その子供に合った学校からはご縁がいただける、などと言いますね。

ご縁という言葉が適当かどうかわわかりませんが、やはり、学校選びには相性が重要であると感じます。

最初に対応するアドミスタッフの印象はとても大事

私も、娘の学校選びに際し、日本から問い合わせをしました。

まだ仕事をしていたため、気軽にシンガポールに行って学校見学!とはいかずまずは、メールでの問い合わせです。

準備期間がとても短かった上、時期が学期末近くということで、おそらくアドミの方は大忙しだったはずです。

そんな中でも、とにかく回答が速く、親身になってこちらの状況を聞いてくれる学校は、それだけで評価が上がります。

実際、見学に行ってみて、校舎の雰囲気や生徒の様子などを肌で感じ、子供と話し合うのがいいでしょう。

と言っても、子供の意見をそのまま鵜呑みにする必要はありません。最終的な判断は親がしていいと思います。

日本から母と二人で、シンガポールに学びに来た小学5年性の娘を、ファミリーとして迎え入れてくれた今の学校にはとても感謝しています。

とかく日本人は、シャイでなかなか前に出られず、ノーと言えないこともある。でも、基礎学力はしっかりあり、大勢の前では発言できなかったとしても、個別に話せば、きちんと理解していることがわかる。

そういう繊細な部分も、認めてくれる先生がいるところが望ましいですね。

でも学校訪問ではお会いできる先生は限られていますから、その時は、まずアドミのスタッフの対応で判断します。

学校の顔とも言える、アドミ担当の印象はとても大切です。

シンガポールのインターナショナルスクールは流動性が高い

しかしながら、実際通い出して、お友達との関係や、学習の進捗状況など、あれっと思うこともあるでしょう。

最初に抱いていた印象と違うことはよくあることです。

その場合は、気にせず転校すれば良いのです。シンガポールでは、インターナショナルスクール間の流動性がとても高いです。

自分の子供に合わないと思ったら、さっさと別の学校に移ります。学校への要望もガンガン言います。

せっかく入学したのだから頑張って通わせよう、と思う親心もわかりますが、

子供が学校にいかなくなってしまったら、親子留学の目的は消滅してしまいます。

何か気になることがあったら、遠慮せずに学校に相談する、子供の性格等について担任と話し合う、勉強のアドバイスをもらう、

それでもしっくりこなかったら、別の学校を探せばいいのです。