今回のタイトルは、シンガポールでとてもよく聞かれる質問です。

これは、駐在でも親子留学でもみなさん悩みは同じ。

最初は英語が不慣れですので、とにかくインターの授業に注力したらいいのか?

もしくは、何年後かに日本に帰ることを想定して、インターの授業はほどほどに、

日本の勉強に遅れを取らないよう、日系の塾にきっちり通ったほうがいいのか?

帰国後に中学受験や高校受験、編入試験などを控えている場合、親の心配は尽きません。

ESLクラスを逆手に取る

シンガポールのインターナショナルスクールでは、英語がその学年のレベルに達していないと、

まずESLクラスに振り分けられて、英語に重点を置いた授業を行います。

学校によってカリキュラムは違いますが、ESLだけ取り出し授業で、

そのほかの科目(数学や体育、音楽など)はメインのクラスと一緒というところもあれば、

ESLクラスのメンバーだけで、すべての科目を行うところもあります。

娘が以前通っていた学校では、ESLクラスにいるかぎり正式な成績が付きません(個人の進捗度に応じた評価はあります)。

もちろん、成績優秀者として表彰されることもありません。

一方で、正式な成績がつかないということは、比較的難易度が低い授業であるともいえます。

授業の進み具合も、メインにくらべてゆっくりです。

実際に聞いた話では、ESLクラスはメインのクラスより余裕があることを利用して、

学校での授業はほどほどにして、日系の塾で日本の勉強をがっつりやらせているというご家庭もありました。

じっくり英語と向き合う時間

シンガポールには、日本人小学校、中学校がありますので、日本と同じ環境で、日本の勉強をすることができます。

そんな選択肢があるなかで、あえてインターナショナルスクールを選んだということは

短い期間でも、インターでの学びに何らかの価値を見出しているからではないでしょうか。

語学は一朝一夕では身につきませんから、せめて、シンガポールにいる間の数年間だけでも

ESLクラスで、まずはじっくり英語と向き合うことが大切だと私は思います。

(ここでは英語としましたが、シンガポールならではの中国語でもいいのです。ただ、多くのインターでは、まず英語、それから中国語というところがほとんどです。)

娘の以前通っていた学校のESLクラスでは、非常に良質なカリキュラムで、先生方が熱心に指導していました。

英語を母語としない生徒への指導のプロフェッショナル達です。これを利用しないなんてもったいない。

学校での勉強はほどほどにして、日系の塾で日本の勉強をがっつりやっても

日本人学校で頑張っている生徒には勝てないし、ましてや、日本で勉強して、その上塾に通っている子達にはかないませんから。

とにかく学校の授業をおろそかにしない。塾は、英語漬けのインターの息抜きで日本人のお友達と勉強できる時間くらいがちょうどいい。

英語の目標としては、まず英検2級を目指す!(シンガポールで受けられるのは2級まで)

日本人が得意とする数学や、スポーツなど、英語以外に力を発揮できるものを見つける。

シンガポールのインターナショナルスクールは、たとえば、クラス委員での活動や、クラブ活動、ボランティアなと、

クラス内での勉強以外も評価してくれます。

英語も日本の勉強も中途半端な結果になってしまわないよう、まずは学校の勉強をしっかりやりましょう。